バンコクでお腹をこわさないグルメの楽しみ方は?

ビュー1件タイのおすすめグルメ
0

初めてバンコクへいきます。

私は食べるのが大好きで、旅行の楽しみはほぼ食事です。

とくに安くておいしいB級グルメを探すのが大好きで、バンコクでは屋台料理を楽しみにしています。

ただ、ネットで調べているとお腹をこわした方がいらっしゃったりしていて、屋台料理は食べない方がいいのかと悩んでいます。

実際はどんなかんじなんでしょうか?

「こういう屋台やレストランは気をつけた方いいよ」

「屋台料理でもこういう物は気をつけて」

などありましたら、ぜひ教えてほしいです。

せっかくの旅行ですので、滞在中寝込むというのは残念すぎるので、なんとかそれを避けつつグルメをおもいっきり楽しみたいです!

さんが回答
0

バンコク在住者です。

■避けた方がよい食材

・生の魚介類、生野菜、カットフルーツ

・内臓系のお肉(火の通りが十分でないものも)

・一日中、外気に触れた状態で売られていたもの

・貝類(火が通っていても、心配なら避けた方が無難でしょう)

・たっぷりの油で揚げているもの(清潔な油なら問題ありませんが、屋台によっては何度も使いまわしている不衛生な油を使っていることがあります)

・唐辛子が多いもの(新鮮でも、辛すぎると下痢をする人が多いです)

・ペットボトルやウォーターサーバー以外の水

■食べてもよいかな?と思える屋台

・お客さんが集まっている屋台(新鮮なことが多い

・お店のすぐそばに水道が引かれている屋台(水道がない場合、包丁やお客さんのお皿の洗い方があまいことがある。)

・犬、猫、その他小さい生き物が回りに寄っていない店(まったくいない環境というのはないと思いますが…ご自身が抵抗ないと思える範囲で)

・屋台ではないが、屋台風の雰囲気の人気店 (アソーク駅近くの「スダー」やプロンポン駅近くの「イムちゃん」などは屋台よりお値段張りますがローカル感味わえます。その他、店内で座って食べれるタイプのローカル食堂で、客入りの良いお店はまぁ安心かなと思います)

■その他

・屋台やローカル食堂のまわりに清潔な手洗い場がないこともあります。消毒ウエットティッシュなどを持ち歩くのが安心です。

・私や友人の経験上、食べ物自体に問題なくとも、旅行中の食あたりは自分自身の体調に左右されることも多いと思います。心配であれば、到着初日(フライトで疲れていたり、特にこの時期は寒い日本から30℃のタイに来て、体がすぐに慣れないことも多いです)や旅の疲れが溜まった時は屋台は避けた方がいいかもしれません。

・不安や抵抗感ばかりの中で屋台に行っても実際あまり楽しめず、それはそれで勿体ないと思います。心配であれば、屋台は眺めて楽しむだけにとどめるのも手です。ショッピングモールにあるフードコートに行けば、屋台とほぼ同じような価格&メニューを清潔な場所で安心して食べられます。アソーク駅直結のターミナル21の6階のフードコートや、サイアムエリアにあるMBKセンター(ナショナルスタジアム駅直結)の中のフードコートなどは特にリーズナブルで、地元民にも旅行者にも人気です。

・食あたり系からは逸れますが、「暑い中歩き回った後、避暑がてらカフェに入る→冷たい飲み物を一気に飲む→強い冷房とのダブルパンチで体が冷える→お腹にきてトイレから出られない」のパターンは結構ありがちなので、お気を付けください。

楽しい旅になりますように!!

新しいコメントを投稿

なるほど。
たしかに「イムちゃん」のような屋台風レストランでもいいんです。

屋台料理を食べたい理由は、安いうまいを体験したかったからなので、その点を考えると、フードコートという選択しもありだとおもいました。

素晴らしい回答ありがとうございました!

コメントを追加
4 件の回答のうち1件を表示しています。ここをクリックするとすべての回答が表示されます。
回答を入力してください